いろいろものに於いてアンチというものが存在する。
日蓮正宗に於いてもアンチが存在する。
インターネット上でブログなどで見ることが出来るが参考までに読んでみることがあるが、毒を吐いているようであまり見るべきでないかもしれない。信心の増進にはならないが折伏には役立つかもしれない。
創価学会から日蓮正宗に入り、そして退転という人のブログを読んでみた。
確かに日蓮正宗の信心をしての功徳というのは冥益が表でありわかりにくいということもあるかもしれない。
日蓮正宗以外にもっと良いのがあるのならば聞きたいが、それはないようで、ただ自由になりたい、しんどいこと制約のあることはしたくないということであるが、決して羨ましい境涯ではない。
それは自分自身50年前にいたところではないかと思う。
280265