法華講

初盆と活動

お寺での唱題行の後、講員さんの初盆のお参りにお供させて頂きました。
その後、1件訪問。少年時代の友人ですが家にはおらず老夫婦のみで私のことはすっかり忘れ去っていたようです。半世紀ぶりで高齢にもなっていましたから無理もないですが・・・
パンフレットは受け取ってもらえませんでした。o0810108014510476768




残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
立秋は過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。お体をご自愛ください。
暑くて水分はとるのですが水分を取るのにも限界があり、冷たいものを飲むと気持ちがいいですが、胃腸の調子が悪くなりそうです。何分体調管理も難しいこの時期ですが、注意して過ごしましょう。
zansyo

広布唱題行の日

今日は第一日曜日の広布唱題行の日。
唱題後お寺に庭の草刈りが行われた。
私は、午後からご住職のお供で初盆のお参りとお墓参りをさせて頂きました。
あ暑さも厳しい1日でした。
IMG20220802164156


久々に創価学会を訪問

久々に、やや遠方で見つけた創価学会を訪問した。
新規の訪問というのは、緊張感があるものだ。
最初は、受け取ってもらえなかったパンフが私の連絡先などが書いているという事で受け取ってくれた。
私も昔は創価学会にいたことがあるのだが今の創価学会はその頃の創価学会とは全く違うことに気がつかないのだろうか。
活動に出れた日は気持ちがいいものです。
もう1件の高校時代の恩師は、初めて留守でなく奥さんが応答してくれたのですが今年4月に亡くなったとのこと。お悔やみを申し上げて帰宅した。
IMG20220802163607

問い合わせあり

2件の問い合わせがあった。
1件は法華講員さんで、遠方所属で親の死によって信心を引き継ぐことになったがわからないことばかりでというものだった。
もう1件は、本尊アプリについてであった。
この本尊アプリ、(日蓮正宗)となっているのだが、果たしてそうだろうか。
2018年3月16日号の慧妙紙に掲載されたものを転載したものだが、そのことについてであった。
その後、創価学会につい創価学会員がよく言う
「日蓮大聖人の御意は広宣流布である。最も広宣流布しているのは創価学会であるから、創価学会こそ大聖人様の教えを広める団体なのだ」との趣旨であるが
これは明らかに欺瞞である。
66世日達上人は
「日蓮正宗の教義でないものが一閻浮提 に広がっても、それは広宣流布とは言えないのであります」(達全2-6-295頁)
と訓諭されました。
御書には
「日蓮を用ひぬるともあしくうやま敬はゞ国亡ぶべし」
創価学会は、日蓮大聖人を敬うといえども実態は池田教であり日蓮大聖人の御教えとはほど遠い。
日達上人のお言葉にあるように、それ(池田教)を広めたからと言って広宣流布とは言えないのです。
今の国内外の現状は、そんな邪教、創価学会が広がっているからではないでしょうか。
正法治国、邪法乱国
かえって創価学会は、大聖人様のお言葉によって折伏されてしまうのです。

創価学会のどこに日蓮大聖人の教義があるのでしょうか。元日蓮正宗であり、今は真似事、偽物の宗教であるという事が当然のごとくなのですが洗脳された者にはそのことすらわからなくなってしまっている。
「仏法と申すは道理なり」その道理がわからなってしまっているのだ。
OIP
ホームページへ
QRコード
QRコード
和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。宝相寺支部所属 相互フォロー歓迎致します。 法華講宝相寺支部ページ管理人https://hokkekou.com お問い合わせは、ホームページのメールフォームから携帯電話は090-3656-1453
記事検索
アクセスカウンター