最近、日蓮正宗寺院や法華講員によるホームページやブログ、SNSなどが増えてきたように思う。
玉石混交のインターネット上ではあるが、創価学会などの圧力によって影響を受けているメディアなどと違って、本当の情報が拾えることもあると思う。
法華講員のページやブログが迷える人の灯台となれば、有難いことだ。
実際に、インターネットの情報によって創価学会や顕正会の邪義に気づいて日蓮正宗に帰伏した人も少なからずいる。
509353063625_2