2021年1月の埼玉・戸田市議選で当選したスーパークレイジー君が辞職圧力があったことを暴露
その背景には某巨大宗教団体の存在があるとのこと。
宗教団体の名は明かされていませんが辞職すれば繰り上げ当選するのが公明党議員とのこと。
選管の事務局長から深夜に呼び出され、辞職圧力を受けたとのことだが、この事務局長の身辺を調べたところ、ある宗教の関係者とのこと。
問題になった選管の事務局長は「不適切な言動があった」として異動になっているようです。この報道後、すぐにネットでは創価学会の名前があがっていました。
その他にもSNSをはじめ、いろいろな嫌がらせを受けているとのこと。
宗教法人法で守られている宗教団体関係者がこのようなことをするのは大きな問題であると思う。
テレビなど一般メディアでも巨大宗教団体を恐れてか、取り上げられることがないように思うのだが。