元創価大学生によると創価学会で恩師といえば戸田二代会長を指すらしい。
しかし、今の創価学会、池田大作氏をはじめとして恩師に背きまくっているという感じだ。
下記に、その恩師の指導を掲載してみた。
    ↓
【戸田先生指導1】
弘安二年十月十二日の御本尊様が、究極中の究極の御本尊様なのです。大御本尊を拝すると、花押の下に「本門戒壇也」と、チャンとおしたためになっている。その次に願主弥四郎国重とありますが、本門戒壇の願主ですけれども、この御本尊は本門戒壇だ、ということが、キチンとおしたためになっている。争う余地がない。絶対にない。(大白蓮華・昭和三四年三月号七頁)
 
 余は二十七年なりとは弘安二年十月十二日の総与の御本尊の出現をさしての御仰せであって、この御言葉によって本仏出世の御本懐は此の御本尊の出現にある。世の不幸を救う一大秘法は此の本尊にありと信じなくてはならぬ
(大白蓮華・昭和二六年六月号二頁)

 学会は今大聖人の命うけて弘安二年十月十二日に御顕しになられた一閻浮提総与の御本尊を日本に流布せんことを誓う
(聖教新聞・昭和二六年11月10日付)

 根本の本尊たる一閻浮提総与の大御本尊に向かって、南無妙法蓮華経と唱題することによって、末法の一切衆生は救われるのである。この一閻浮提総与の大御本尊は弘安二年十月十二日にあらわされ、この大御本尊を拝む以外に末法の衆生は根本的に幸福にはなれないのである。 (折伏教典七十頁)
 
 私の願いとするところは、この弘安二年の十月十二日の大御本尊様を信ずるということです。しかし、理論がわかっても、わからなくてもいい。だんだん、そのうちにわかる。絶対だということがわかる。(戸田城聖全集4-350)
 
 本門戒壇の大御本尊を信じわらない者は、すべて謗法として禁じなければならない。(戸田城聖全集5-156頁)

池田先生の恩師、戸田先生の指導