戸田先生の著者である小説人間革命(上下巻のみ)は、別(あくまで小説であった)です。
いえ、今後の自己啓発の為です。
戸田先生著作の小説人間革命は30代の時に読み、男子部に貸して戻って来ませんでした…。誰に貸したかも忘れてしまいましたが…。
御書の方が難しいと思っております…。創価学会に都合の良い解釈も出来ておる次第かと…思っております。
私の性格上、石橋を叩いて渡って行くタイプですので、今年からWeb制作の講習を受けながら、ブログをWordpressで作りたいな…と思っております。
 自分史…体験・経験談から始める事が一番説得力があるかと思っております。
 例えば(日女御前御返事)です。
此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり…です。
此の御本尊は実は出世の本懐である、弘安二年10月12日の大御本尊様になる訳ですが、今の創価池田教学会では、既に有耶無耶にしたいと言う、教義なのですよ…。
創価池田学会の論理は世界に人類平和主義の対話を池田がして来た…なのです。
社会で実証を示して来た会員がたくさんいる!(体験談)なのです。都合の悪い事は一切言いません…。
 前にもお伝えしたように国家内国家なのです。王様は池田です。お妃様は香峯子夫人(あまり強調はしていないが…)と言うストーリーです。
 お仕事中に、失礼しました。
 令和になり、この度の新型コロナウィルスの蔓延(発生)と米大統領選挙(不正選挙)は偶然ではありません。陰謀論として馬鹿にされて来ましたが…。世界史を紐解くと戦争・革命の背後には彼等(国際金融資本家達・外道)がいるのです…。全て計画的に実行されているのです…。
 現代社会はインターネット・スマホの普及により、覚醒した民衆が現れてきました。
 コロナとワクチンはセットビジネスなのです。そして日本は欧米と中共・ロシアと上手く付き合うしか…ないのです。
ただ言えるのは、コロナ渦中により、会合も出来なくなり、創価池田学会は、コミュニティー(座談会)機能が困難になり、没落して行くと…私は予想しております。


御本尊様への信仰では、もはや…ないのです😊
images