ツィッターを見ていると創価学会員の中で、分裂があることがわかる。
一つは従来通り創価学会を信じてやっている人。
もう一つが今の創価学会は間違っているといって反旗をひるがえす人たちだ。
創価学会としては、査問したり、裁判沙汰を起こしたりといったことがあるようだ。
ひどい場合は警告なしに訴えるケースもあるという。組織内であれば、まず注意や警告があってからでもいいと思うのだが。
創価学会に不審を唱える人の中にも求道心があって日蓮正宗の門を叩いた人も多い。
中には、騙されるのはもうコリゴリということで、何も信じられなくなり求道心をも捨ててしまった人である。
創価学会時代に散々に日蓮正宗や法華講の悪口を叩き込まれていることもある。
桜の問題や数々の日蓮正宗との裁判を明らめれば、創価学会の嘘、謀略に騙されていたことに気づくはず。
一日も早く正法である日蓮正宗に戻られることを願う。
IMG_20201117_155809