彼岸の中日ということで、お寺でのお彼岸会に参詣した。
雨のぱらつく中では、ありましたが大勢の参詣者でした。
やはり、この日は先祖代々の供養をしたいという気持ちが日本人にはあります。
長年の不景気と時代の波でそういったいい行事もなくなりつつあり、この祝日も仏事をなす人も少なくなりつつあるのではないだろうか。
その点、日蓮正宗では真の有意義な先祖供養ができる彼岸会ができるのは、誠に有難い。
今日は、新来者もあったのでとてもよかったです。
これからは、どんどんと広宣流布に向かっていくと確信する。
新来者の送り迎えも担当し、小休止の間に家庭訪問もできた。隣の親元も訪ねたが、まだまだであった。
その後、お墓参りに行った。
IMG_20190309_154701