創価学会の訪問があった。
訪問と言ってもポスティングだ。
私の場合はポスティングはまずやらない。
下手をするとゴミを配布しているということになるからだ。
対面するかインターホンで受け取りかどうかを聞く。
日蓮正宗の法を下げないためにも迷惑行為は慎むようにしている。
私の方は、創価学会のポスティングは拒まない。
一応参考になる。
創価学会訪問の際には、こうしてちゃんと読んでますよ。
ということで情報の偏る創価学会員に対して情報の偏りは洗脳に繋がるということで、創価学会の危うさを伝えるようにしている。
確かに創価学会員は、法華講からのパンフや新聞などの情報を見ようとしないのだ。
うちにきた創価新報と思われるコピーもちゃんと読んでからメモ用紙にしています。
しかし、2枚のうち1枚は古い情報の使いまわしである。
洗脳でもしようとしているのだろうか?
IMG_20190312_072824