そういえば、日蓮正宗創価学会としてやっていた時の指導と今とでは真逆なことがある。

しかして、あれは間違いだったという会員に対する謝罪は聞いたことがない。
有名な折伏経典などには「如何に御真筆の御本尊であっても日蓮正宗の血脈の通わない御本尊はたとえるならば電気の来ていない電灯と同じようなもの」だという意味の破折をされていたように思う。
御真筆でもかくの如しであるからそれ以外の、ニセ本尊など取りに足らない。
現在では信心の根本である本門戒壇の大御本尊様をも否定してしまった。
否定ではないという創価学会員もいるようだが受持の対象としないということは否定ではないのだろうか!
今まで、大変な思いをして総本山への御登山をしてきたのは何だったのだろ。
あれは、間違いでしたと謝罪したのであろうか。
一日も早く創価学会を脱会して真の成仏の道を歩もうではないか。

本門戒壇の大御本尊否定は、大聖人様 否定と同じ事ですから、罰の現証が出るのは当たり前です。 」

IMG_20190303_163933_1