第二日曜日ということで御報恩御講に参詣致しました。信心していく上において、一生懸命に励むほどに障魔が競いおこることがあるということです。
『行解既に勤めぬれば、三障四魔、紛然として競い起こる。乃至随うべからず、畏るべからず。これに随えば、まさに人をして悪道に向かわしむ。これを畏れば、正法を修することを妨ぐ』等云云。
私もまだまだそれほどの障魔が競い起こっているわけではないので精進が足りないということであると思う。
借りていた人間革命を返しに行きがてら折伏。
もう来てほしくないようなことを言われたが2冊目を借りたことでもう一度行くことになる。
しかし、創価学会に教義上の道理など成り立たない。
あのような状態にはなりたくないものである。
終了後、数件ほど訪問活動した。
FB_IMG_1541937979499