地元で新しい聖教新聞の看板を見たが、聖教新聞の発行部数は減っているそうである。
ツィッターでは、創価学会員にも不満の声が散見される。
創価学会、或いは公明党への不満でもあるであろう。
そういえば、世の中一向に良くなっていないような気がする。
少子化なども、生きていきにくい世の中の表れではないだろうか。
それと今年の台風などの災難である。
天災だから仕方ないという前に立正安国論を拝読して邪教を折伏しなければならないと思う。
現在の一凶とは、創価学会である。
戒壇の御本尊様を拝みながら戒壇の御本尊様を受持の対象としない!
まったく正気の沙汰とは思えないような創価学会の教義でもって会員を洗脳している。
これでは会員の心もおさまらず、生活も良くなるはずはないだろうと思う。

創価学会員よ、不平不満ばかりではなく一歩踏み出そう。

10月も1時間の唱題が29日時点で完遂できた。
今年も達成したい!

IMG_20181026_071044