流石に梅雨入りすると雨の日が多い。
しかし、この期間のおかげで作物も育ち、夏の暑さも和らぐのではないかと思う。
今朝も朝から雨で空模様から見て大雨になりそうな感じすらある。十数年前の大雨を思い出す。
大きな災害にならなければいいが。
昨日の大阪の地震も避難の人の復旧が遅れないようにあってほしい。
台風の影響か、風もやや強めだ。

朝日ケ丘では、「紀州のドンファン事件」で一部通行止めとなってパトカーや報道陣が来ていた。
今日は雨にもかかわらず、特に多いようだが何か進展はあったのだろうか。


自然災害となると一般世間では、宗教の善悪など全く関係ないと思っていると思う。
「正法治国、邪法乱国」とあるように人の心の乱れだけではなく、それ国土の災難にも及ぶ。
創価学会のような邪教が蔓延するならば災難はまだ続くかもしれない。
頑張って折伏に励まねばならないと思う。
IMG_0878