元創価大生よりLINE①


では、「広布と人生を語る」(3)です(^^)
増上慢との戦いが信心
新潟代表者研修
昭和57年7月28日
長野研修道場
P271 増上慢との戦いが信心
社会はますます複雑になっていくであろう。その動向に対処するため、学会も多様性を要請される場合がある。
しかし、ただ、次の点だけは不動の路線であることを忘れてはならない。
それは、
一、三大秘法の大御本尊がいっさいの根本であると拝していくことだ。
ニ、御法主上人の御もとに日蓮正宗の伝統法義を確実に体していくことだ。
三、それを基調として、学会は、広宣流布の展開をしていくのである。
すなわち「信」と「行」と「学」を深め、広げていくのである。
大原則を離れて、大聖人の仏法はありえないし、いかに内外ともに複雑性をもつ時代になろうとも、この軌道のうえを進んでいけばまちがいないのである。
ここにその大原則を確かにふまえた学会活動の重要性が、明確となるのである。
さらに、学会の組織がいかに正法正信に直結した行動のための組織であるかが、これまた明確であることを知っていただきたい。
その「信行」を強めるための学会活動を軽視し、おろそかにしていく人は、大なる過ちを犯しているのである。
世間の見栄にとらわれ、自身の虚栄にとらわれ、心に増上慢をおこして、その恩を忘れて、仏子である同志を軽侮するような人は、まことの大聖人の門下ではなく、正宗の信徒でもないと申し上げておきたい。」

池田本人が、このように指導しており、自分自身が増上慢を起こし、魂の独立を学会はしたのだ!とは大きな矛盾としか言いようがないのです😅

でわ、続きはまた…。
IMG20211123121154


創価学会の絶対的権力主義

除名上等!会員を奴隸化している、とんでもない事実(全体主義)です

総本山に登山

11月23日総本山に登山させて頂きました。
途中、高速道路の通行止めもありましたが、ぎりぎり丑寅勤行にも参加できました
好天に恵まれ、お墓参りもでき御開扉を頂きました。
IMG20211123091537


ホームページへ
QRコード
QRコード
和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。宝相寺支部所属 相互フォロー歓迎致します。 法華講宝相寺支部ページ管理人https://hokkekou.com お問い合わせは、ホームページのメールフォームから携帯電話は090-3656-1453
記事検索
アクセスカウンター